企業情報

経営理念

上質な食生活を提案する、「大人がくつろげるバーガーカフェ」

1992年、新鮮な自然の食材を使い、バンズもパティもお店で手作りする、本来のハンバーガーを味わう事ができるお店が渋谷の富ヶ谷にオープンしました。それから30年近く経ち、フレッシュネスバーガーは「大人がくつろげるバーガーカフェ」をコンセプトに、全国にお店を展開しています。

カフェのように集う場所で、飲食するだけの場ではなく、そこで過ごす時間も含めて価値を感じてもらえる場所でありたい。そして、ハンバーガーを中心に様々な商品を提供し、上質な食生活をご提案する。そういった会社でありたい。10年後やさらに後になると食のニーズも次世代に進み、低糖質バンズのような健康を売りにしたものやエンターテイメント性の高いものなど、我々の想像もつかないキーワードが生まれているかも知れません。そんな「次世代のニーズを身近に提案できる場所」を私たちは目指しています。

創業当時の富ヶ谷店

創業当時の富ヶ谷店

トップメッセージ

フレッシュネスバーガーに関わる人の
「こだわり」を大切にしながら、
次世代の食生活のプラットフォームになる
お店を作り続けます代表取締役 船曵 睦雄

代表取締役 船曵 睦雄

フレッシュネスバーガーのブランドとプライド

フレッシュネスバーガーはこだわりが大事なブランド。
働くみんなが「普通のハンバーガーチェーンにはなりたくない!」という強い想いを持ち、一人一人の商品へのこだわり、お店へのこだわりなどは本当に大切にしています。
高い給料をもらうことだけを考えれば仕事は他にもある中で「フレッシュネスで働く事が好き」「商品を作る事にこだわりがある」からこそ100%かそれ以上の気持ちで我々も仕事ができるし、現場のスタッフさんもサービスや調理ができる。チェーン店であっても「おいしいものを食べて欲しい」という気持ちがスタッフにあれば、料理に差が出てくるのです。

しかし、ハンバーガーのおいしさやお店の雰囲気といった、スタッフの「こだわり」から生まれるフレッシュネスのポテンシャルはまだまだあって、それを伝えていくには出店数を増やし多くのお客様との接点を持たねばならない。年に1、2回しか利用されないお店は埋没してしまいますから、「お店に行く」「お店を見る」「記事や宣伝を見る」など、なんらかの接点をもっと持ってもらう事が重要だと考えています。我々も、こだわりを持ち運営して商品を作っている以上は「フレッシュネスじゃなきゃイヤだ!」というお客様に来ていただきたいですし、そんなお店作りを土台にしたい。まずはフレッシュネスを知り、利用する中で「フレッシュネスで豊かな時間を過ごす」事を目的化していただきたいと考えております。

フレッシュネスの中長期成長戦略

ハンバーガー以外の収益性も上げて、様々な業態での出店の可能性を広げます。ベーカリーやアルコールに加え、最近はジェラートやクレープも商品展開しています。ハンバーガー以外での商品開発を行って売り上げを増やしていく事で、出店の可能性がもっと広がっていく。店舗が増えれば接点も増えていきますから、お客様の利用機会も同様に増えていくでしょう。そのために、現在の165店から「フレッシュネスという冠のついた業態」で400店舗を目指します。

400店舗を持っていればそれは強みで、最先端の食材やコンセプトを日本へ広める時のプラットフォームに成り得る。私達はより多くの方々を対象にしたお店を出しているので、そういう面白くて良いモノを普及させていく役割があります。自分たちの楽しさを含めて、フレッシュネスはそれを担えると考えています。

画一的なチェーンモデルではなく、お店ごとの個性やオーナーの考えを店舗に反映しやすいのがフレッシュネスの良さ。共通商品やブランド価値は守った上で、地域や店舗の特色を出していく。バランスを取っていくのは難しいですが、本社の決めるルールを守りながらも個性の反映された店舗こそが目指していきたい場所。400店舗をがんじがらめの共通ルールで縛り切るようなチェーンではなく、店長・オーナーの考え方や趣味を少しでも出せるようにしていきます。どれだけオリジナリティがあっても衛生管理ができていない飲食店ではいけませんし、かと言ってどこに行っても金太郎飴のようなお店では飽きてしまう。双方の良さを両立できるようなお店作りができればいいと思います。

会社概要

商号 株式会社フレッシュネス
設立 2016年11月1日
資本金 1000万円
代表取締役 船曵 睦雄
所在地 〒 220-8112 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1
ランドマークタワー12階
TEL :045-224-7499(月~金 10:00~18:00)

沿革

1981年6月 株式会社アメリカンクリエーション設立
1992年12月 創業者 栗原幹雄によるFRESHNESS BURGER 1号店
東京都渋谷区富ヶ谷にオープン
1993年9月 FRESHNESS BURGER フランチャイズ1号店オープン
1996年2月 FRESHNESS BURGER 10店舗達成
1998年5月 FRESHNESS BURGER 50店舗達成
WEBによるPOSシステム全店導入、物流システム構築
2000年6月 FRESHNESS BURGER 100店舗達成
2005年9月 リローダブルカード フレッシュネスカード導入
2005年11月 クラシックレーベル発売
2008年8月 茶葉を有機栽培へ切り替え、オーガニックティー発売
2013年4月 フレッシュネスバーガー国内170店舗
2015年5月 フレバル導入
2015年10月 新業態CROWNHOUSE1号店オープン
2016年11月 ベーカリー販売開始(FRESHNESS BURGER 田無店)
2017年3月 ジェラート販売開始(FRESHNESS BURGER 佐野プレミアムアウトレット店)
2018年1月現在 FRESHNESS BURGER 167店舗 / フレバル導入 47店舗

行動指針

・スタッフ一人一人の「こだわり」がお店を作る

「おいしいものを作りたい」「雰囲気のいいお店を作りたい」「かっこいいお店を作りたい」…スタッフひとりひとりが強いこだわりを持ち、基本のルールを守りながらも個性ある店舗を目指します。

・効率性からは必ずしも生まれない商品作り続ける

経済性・効率性のみを優先してしまうと「普通のハンバーガーチェーン」になってしまいます。そのため、地域の食材や特産品を使った店舗限定商品の開発や健康と安全に配慮した商品づくりに力を入れていきます。

・業態が変わってもターゲット層は変わらない

すべての業態・商品において我々の狙っている層はアッパーミドルレンジであり、「ちょっといいものを食べたい」「今おいしいものを食べたい」「安全なものを食べたい」という方々に向けたお店であり続けます。