HOME  ►  ABOUT FRESHNESS  ►  フレッシュネスのこだわり素材

フレッシュネスのこだわり素材

メキシコ産アボカド

アボカド(Avocado)は、クスノキ科ワニナシ属の常緑高木、またその果実のことを指します。下記の動画にある様に常緑樹で高さ6~25mの木になります。メキシコと中央アメリカ原産で低温に弱く、主に熱帯、亜熱帯で生育します。

日本に輸入される主な品種はハス(HASS)種になります。『森のバター』と形容されるように脂肪分は多いですが、コレステロールを減らす不飽和脂肪酸が主体の良質なものです。果肉の未熟な時は硬いですが、熟すと軟らかくバター状になります。甘味や酸味、香りも無いので、果物というより野菜に近い感じがします。アボカドは普通の果実と異なり、樹上では食べられるまで熟さないので、果実の成熟期に入った所で採取し、追熟させてから食べます。
メキシコからペルーにかけて7千年以上前から栽培されており、記録があるものでは13世紀頃で、当時のインカ王の墓から種が出土しております。コロンブスの新大陸発見以降、スペイン人が16世紀にインカとアステカを征服した時には、中南米では栽培されておりました。それがスペイン、フィリピンなどを経由して拡がり、現在は熱帯、亜熱帯の各地で栽培されています。日本へ入ってきたのは100年程前の事です。
今回フレッシュネスバーガーが使用するアボカドはメキシコ産です。肥沃な火山性の土壌、理想的な気候、何世紀にもわたる専門家の研究で、メキシコはアボカドが年 4 回収穫できる世界で唯一の土地です。丁寧に手摘みされ、国際基準を上回るパッケージで、新鮮なまま出荷されています。フレッシュネスバーガーからアボカドフェアとしてフレッシュな味わいをお届けします。